将来的な総合バランスを考えての高校留学

欧米などの英語圏の高校留学が日本では最も有名ですが、費用的な魅力もあり、近年はフィリピンやマレーシアといったアジア諸国へも目が向けられています。

中でも親日家が多い台湾は食事に関しても日本人に馴染みやすい味付けのものが多く、高校留学において生活的にも安心です。また、台湾の大学へ留学した際に生活費も学費も含めた総費用では、自宅から日本国内の国公立大学へ通うより半分以下ですむといわれ、注目を集めています。高校留学では、短期の語学学校とサマースクールといった日本の夏休みを利用したプログラム利用が一般的とされています。

台湾の大学へ進学する場合に、留学生枠を採用しているところも多く入学はそれほど難しくはないものの学校の授業はほとんどの場合が中国語なので、語学学習と下見を兼ねて行くのも良いでしょう。治安面についても世界的に見ても日本と変わらないほどで、現在では男子だけでなく女子の台湾での高校留学も年々増加の傾向にあります。また、台湾の若い人たちの中には日本語や英語を話せる人も多く、コミュニケーションを取りにくいということは先ず考えにくいとされ、日本のサブカルチャーに興味を持っているひとも多いので、沢山交流ができるでしょう。

国際化が進む中で、英語に加え中国語ができることは将来的に就職にも有利になるので、台湾での高校留学を機会にグローバルな感覚を身に付けてください。学校は主に台北や高雄などの大都市に位置していますが、サマースクールでは郊外で開催されることもありますが、台湾はどこへ行っても治安や食事の面で困ることはほとんどないので心配は要りません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *