カナダ留学をする場合は

カナダ留学と聞くと、カナダに行ったことがない人は北米だしかなり寒そうだと感じる人が多いかもしれません。

確かに、冬に北東部に行くとかなり寒いため、マイナス20℃から30℃というエリアもあります。しかし、カナダ留学をする場合は、西の玄関口であるバンクーバーや、ビクトリア、東のトロントといった都会に行くというケースが大半なのです。そのため、寒さを気にする必要は全くないのです。トロントは、冬場は寒くなる場合がありますが、バンクーバーやビクトリアは、積雪が少ないことでも有名な土地なのです。

バンクーバーやビクトリアは、日本の東北地方と比べてみても、東北地方の方が積雪がありますし寒いくらいです。さらに、夏は日本のように猛暑続きにもならないため、からっとしていて過ごしやすい気候となっています。このように、カナダ留学をしてもそこまで寒くなることがないので、安心して勉強に励むことができるのです。さらに、カナダ人はとてもフレンドリーです。そのため、友達を作りやすいのです。

カナダ人は、見知らぬ人とバス停で一緒になった場合でも、気軽に挨拶をしてくれるのです。バスを降りるときも、きちんとバスの運転手に挨拶をするのです。カナダ人は、アジア人に対しても差別をすることなく誰にでも平等な態度で接してくれるものです。友達を作りやすく、すごしやすい環境なので、とても人気のある留学地となっています。カナダ留学は早めの予約が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *