人気の留学先の特徴について

留学とは、自国以外の国に何かを学ぶために在留することです。

日本国内でも留学という言葉が使われますが、一般的には留学といえば海外留学を指します。その一方でこれらを行う場合には受け入れが整った地域であることが重要です。海外留学としては、主に受け入れ体制の整った都市が中心になります。人気のある場所としては、カナダのバンクーバー、トロント、イギリスのロンドン、アメリカではロサンゼルス、オーストラリアのブリスベンなどがあります。

いずれも英語圏の都市であり、治安が比較的安定している地域であり、安心して学ぶことができるのが特徴です。特にカナダは物価も治安も安定しており、教育水準も高く、また標準的な英語を話す地域ということもあり人気があります。アメリカでも西海岸のカリフォルニア州は人気があり、特に温暖な気候であり過ごしやすい地域です。一方で欧米の場合には日本からの東西の距離が非常に長くアメリカの東海岸になるとほぼ時間が逆転する時差となるため最初に訪れたさいには時差ボケになれる必要があります。

さらにそれだけ距離が遠くなると移動費用も高くなり簡単には帰国できなくなるのがデメリットといえます。その一方でオーストラリアやニュージーランドなどの場合には時差が少ないのがメリットといえます。さらに北半球とは季節が逆転しているので冬の間だけの短期間だけ留まるといった使い方もできます。また赤道に近いフィリピンであれば季節を気にすることがないメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *