英語留学についての説明

英語を学ぶために日本から行きやすい留学先の一つとしてフィリピンが上げられます。

フィリピンは日本から飛行機でおよそ4時間から5時間程度で行く事ができます。さらにフィリピンはアジア圏内でも経済発展が著しく、多くの日本企業も進出しています。フィリピンは公用語にタガログ語という言葉を用いていますが、第2公用語として英語があります。アジア内では英語を公用語とする国がいくつもありますが、フィリピンの英語はアメリカ人やオーストラリア人の英語に近い部分があり、英語を学ぶ環境としてはとっておきの場所だといえます。

ただし、フィリピンは治安が悪いというデメリットも存在しています。最近ではイスラム国を支持する国際テロ組織がフィリピンに潜伏しており、観光客や外国人などをねらったテロ行為がいくつか起こっています。比較的都市部から離れた均衡などは安全といえますが、国全体的に貧しい人が多いという関係から窃盗や強盗、殺人などの犯罪に巻き込まれてしまう可能性も示唆できます。

留学をお考えの方はフィリピンのどのエリアに行くのか、またその周辺の治安状況はどうなっているのかなどを事前に大使館などに問い合わせておくべきだと思います。フィリピンは熱帯気候に属しており、年間を通じて気温が高いです。夏場は台風、また雨期には大雨が伴い自然災害への注意も必要です。フィリピンへの留学を行った際は、ぜひともアクアブルーの絶景な海や熱帯雨林の自然に触れながら語学と合わせていろいろな事を学ぶ事が良い経験になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *