留学で成功する人としない人

若いうちは、海外で沢山のことを学んだ方が良い、という風潮の中、海外留学の奨励金等も増え、ますます多くの若者が海外渡航の機会を得ています。

グローバル化が進む中、海外で何を学び、どんなふうになりたいのか、目標は明確になっているでしょうか。海外へ渡航する人が急増する中、留学したという事実だけでは、それほど大きな意味を持たないでしょう。初めての海外留学で、日本人が陥り易いケースをいくつか紹介します。まず、有名な観光地や日本人が多い場所を渡航先として選ぶ場合、語学がなかなか向上しない恐れがあることを考慮しましょう。

観光地や旅行者が多い地域は、観光客を相手にする日本人及びコミュニティーが多く、外国語を使用しなくても済んでしまう傾向があります。価格は高いものの、日本料理店などもあり、日本とそれほど変わらぬ生活になるでしょう。また、短期滞在の場合は特に、自分も観光客気分になって遊び歩いていたという話も聞かれます。海外に渡航した目的は何なのかを再度自分に問いかけましょう。また、留学生が多すぎるスクールは、学生同士がつるみやすく、ネイティブと接する機会が少ないというデメリットがあります。

発音やアクセントを学ぶには、ネイティブとの出会いを増やすことが必要です。斡旋するエージェントに薦められるがまま、スクールを決めてしまう方がいますが、エージェント自体も、現地の情況を把握していないケースがあります。最低限の情報を自分で調べることで、目標達成への意識が高まり、絶対成功したいという気持ちが生まれます。このように、渡航前から、既にその人が留学で成功するかしないかが試されていると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *