カナダ留学の目的は一つではない

カナダ留学とは一言で言ってもその目的は多岐にわたっています。

確かに、留学という一言で見るのならばカナダの大学などに勉学に行くことが普通だと解釈されますが、実はカナダに対する渡航は職業の体験であっても行うことができます。実際に、それを含めたビザの発行も認められていますので、単純に勉学を学ぶために行くのではなく職業体験として海外で働くために行くことも良い経験なのです。カナダに行く際には、いくつかのビザを検討してから自身の目的にあったものを一つ選択しなくてはいけません。

仮に、渡航先で目的が変わって現状持っているビザで行動を起こすことができなくなったときには、現地でビザの更新を行わなくてはいけません。この場合には、現地の専門施設に行って現地の指示でビザを取得しなくてはならなくなりますのでその点に関しては事前に準備をしてそのような面倒なことにならないように注意をしておきましょう。一般的に、学業に専念をしてビザを獲得するときには学生ビザというものを使うことになります。

しかし、このビザだけでは現地で働くことができませんので多くの人はワーキングホリデービザを獲得することを望みます。このビザは、現地に行って一定期間内で就労することが認められるビザなので、学業をしながらお金を稼ぐことができるのです。学費を稼ぐ必要性のある人はもちろん、職業体験に行く人にとっても必要不可欠なビザになっており人気が高いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *