シニア層向けの海外留学プログラム

現在、留学エージェントや旅行会社が扱うシニア層向けの海外留学プログラムは国や期間、授業形態などさまざまなタイプが用意されています。

ほとんど人がこのようなプログラムを利用することになりますが、英語を学べる国としては様々なところがあり、とくにシニア層に人気の留学先は気候がよく国民性の明るいオーストラリアやニュージーランドなどのオセアニア地域です。

オーストラリアの英語はイギリス式の英語を採用していますが、オーストラリア独特の発音や使い方をします。

いわゆるオージーイングリッシュで、バーベキューをバービー、食べ物はタッカーといったり、アメリカやイギリスでも使わない言い方もたくさんあるのです。また、週末はマーケットがひらかれ、新鮮な野菜や果物を求める多くの人でにぎわう様子などがみられます。

ニュージーランドの英語は俗にキーウィイングリッシュと呼ばれ、クイーンズイングリッシュに近く、比較的はっきりとした発音をし、単語や言い回しはイギリス英語とほぼ同じです。

オーストラリアの英語同様にアイという発音が強いのが特徴になります。また、ニュージーランド人は早口なので、他の海外留学先の国と比べても、スピードに慣れるまでに少し時間がかかるというのが欠点です。

しかし、高い山と氷河が点在するニュージーランドでは自然を愛でながらハイキングもたのしめたりもします。

シニア層向けの海外留学プログラムの内容は、主に英語をまなびつつ観光や生活を楽しめるタイプとロングステイの下見要素が加わったプログラムなどがあるので、目的に応じて、国を選んでいくことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *