シニアの海外留学はベストシーズン狙いで

50代以上の男女を対象とする海外留学を扱うエージェントも増えており、シニア層向けのサービスも充実してきています。

初めての海外留学となる人はもちろん、リピーターでもエージェントを利用して海外に留学する人は多いものです。

日程が限定されたコースがありますが、そうではない場合にはやはりベストシーズンに行くのがよく、アメリカは治安の悪さは否定できませんが、日本人の留学先としては人気ナンバーワンの国で、広大な国土のため、南北で気候の差があるものの一般的に5月から9月がベストシーズンになります。

ニューヨークなどは12月から3月は最低気温が零下になる日が多いので体調管理の面から考えても避けたほうが無難で、あたたかいハワイでも4月から11月がベストシーズンです。

カナダもアメリカ同様に時差対策が必要ですし、冬の寒さはかなりのものなので、ベストシーズンは6月から9月となります。ただし、留学をかねて紅葉目的なら9月から11月、オーロラ鑑賞なら11月から2月です。

イギリスはチェスターやボーンマスなど4都市にある語学学校では5月から9月にシニアコースを設けているので、利用しやすくなっています。

またイギリスは国内だけでなく、ヨーロッパ各国への遊行もしやすいので、ヨーロッパの気候も加味して決めるのがよく気候的にベストなのは6月から9月で、天気も安定して過ごしやすいです。

アイルランドは緯度にはかなり高いところにありますが、メキシコ暖流の影響で冬にも降雪の心配はなくベストシーズンは5月から9月とくに7、8月は変わりやすいといわれる気候も比較的安定していて避暑感覚で過ごすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *