留学中にはカンバセーションパートナーをみつける

英語は国際社会ではコミュニケーションの手段であって流暢にしゃべれるからその人が優秀だとか賢いというような指標ではないのです。

その人の話している内容やその人のもっている技術や知識が肝心であり、それを相手に伝える手段が英語になります。

日本人は留学先で綺麗な英語を話そうとすることが先決で、内容は二の次と考える人も多いため、考えをあらためることが留学成功のカギになるのです。

また、より語学力をみがきたいという意味では、留学先でカンバセーションパートナーを見つけるのも一策になります。

これは、会話の練習をしてくれるパートナーのことでボランティアの人が英会話の練習相手になってくれる場合もあれば、日本語の勉強をしている外国人と半分は英語の練習、半分は日本語の練習をするという方法もあるのです。

多くの場合、一週間に一回から二回、学校のカフェテリアやキャンパス内で定期的に合って一時間ほど会話の練習をします。

ボランティアなので、留学費用のほかにかかる費用はないですし、友達にもなれる確率も高く、英語で会話する機会が少ない留学生にとってはもってこいのサービスです。

ただし、気を付けたいのは、日本人の交際相手を探す目的でやっている人もいるので、はじめる前にインタビューをして、英語の会話がメインの目的であることをはっきりと主張し、あってみて変だなと思ったら別の人を見つけるようにします。

このようなサービス等も上手に利用していくことが成功への近道となるのです。

オーストラリア留学についてはこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *