アメリカ留学と論文の作法

アメリカの大学に留学をする場合には、日本国内の大学よりも、学業に対する評価はかなり厳しいという現実は理解しておく必要があります。

特に現地では論文やレポートを執筆するスキルがかなりのウエイトで求められ、そこにはもともとのアメリカ国内の学生か外国からの留学生かという区別はありません。論文やレポートは日本国内でありがちな、単なる個人としての感想や意見を記すものではなく、先行研究をはじめとした明確な根拠をもとにして、みずからのオリジナルな主張を組み立てるものでなければならず、そこには執筆上のルールが厳然と存在しています。

特に参考文献や引用部分の明示などを怠って、他人の考えをあたかもみずからの考えのようにまとめてしまったり、根拠がないことを学術的な場で主張したりすると、大きなペナルティーを与えられてしまうことがあります。これは日本で漫然と学生生活を送った人が、心構えもないままにアメリカに留学した場合に起こしがちなトラブルですので、十分に注意をすることが必要です。

なおアメリカの場合は論文やレポートを執筆する際の作法についても逆にくわしく教えてもらえるコースが開設されていたりもしますので、受講しておくと留学生活が大幅に楽になることがあります。これは新入生用として開講されていることもあれば、留学生のための特別な語学研修などのカリキュラムに含めて提供されていることもあり、その形態はいろいろとありますので、あらかじめ情報を収集しておくことが望まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です